おもてなし力向上委員会

日本のおもてなしの魅力を追求し発信するブログ

『ChatGPT』文章を自動生成してくれるチャット型AIを初体験!

皆さまこんにちは(^^)/

 

先日、京都市内も今期初積雪を記録、気温も一気に氷点下まで下がった事もあり、道は雪と凍結でスケートリンクの様な様相を呈していました。

今年の最強寒波は、なかなかの強者でしたが、雪を纏う京都は格別です。

 

 

 

さて今回は少し趣向を変え、

遅ればせながら先日知った、文章を自動生成してくれるチャット型AI『ChatGPT(チャットGPT)』をご紹介いたします♪

 

・HP・・・https://openai.com/blog/chatgpt/

openai.com

 

 

 

 

『ChatGPT(チャットGPT)』とは?

この『ChatGPT(チャットGPT)』は、

人工知能の研究開発を行う組織のOpenAIが開発したWeb上で使用できるチャット形式のアプリケーションで、特徴としては、人間を相手にやり取りをしている様な自然なテキストが生成されるといったもので、

情報検索、プログラミング、文章の要約、文書の添削、翻訳、小説作成、歌詞作成、相談などの作成も可能で、応用範囲は多岐にわたります。

Appleのsiriや、 google assistantの進化版といったところでより高度なやり取りが可能となっており、Webページにアクセス、アカウントを作成し、現在のところ無料で利用する事が出来ます。

 

・登録方法
OpenAIにアクセスし、アカウントを作成します。

アカウント取得後、APIを使用して、ChatGPTを利用することができます。

特に、文章の自動生成や質問応答などのタスクに使用することができます。

 

実際にChatGPTを使ってみました♪

・ChatGPTに『ChatGPTについて』のブログ記事の作成をお願いしてみました。

ChatGPTは、OpenAIによって開発された大型の自然言語処理モデルです。このモデルは、自然言語生成タスクに特化しており、人間のような文章を生成することができます。

ChatGPTは、Transformerという技術を採用しており、これにより高い言語理解能力を持っています。また、大量のテキストデータを学習しているため、幅広いトピックについての質問に対して答えることができます。

ChatGPTは、APIとして提供されており、開発者はこのモデルを活用して、チャットボットやFAQシステムなどのアプリケーションを開発することができます。また、このモデルは、文章生成タスクにも活用され、文章の自動生成や文章の要約などが行えます。

ChatGPTは、高い言語理解能力を持つため、人間のような文章を生成することができますが、それでも人間のような文章を生成するためには、より豊富なデータを学習することが必要です。また、モデルが学習したデータに基づいて答えを生成するため、与えられた質問に対する答えが正確である保証はありません。

ChatGPTは、自然言語処理技術の発展により生まれたモデルであり、今後もさらに発展が期待されています。

チャット画面はこんな感じになっています。
人工知能が、ここまで進化していたとは...

 

・ "人気のある和柄を教えてください" と尋ねてみた。

和柄は、日本の文化を象徴するデザインの一つです。人気の和柄には、様々なものがありますが、以下のものがよく知られています。

  • 桜:日本の国花であり、春に咲く桜の花が描かれた和柄が人気です。

  • 浮世絵:江戸時代に流行した絵画様式で、様々な風景や人物が描かれています。

  • 目玉焼き:目玉焼きが描かれた和柄は、おしゃれなデザインとして人気があります。

  • 枝垂れ桜:桜の花が枝垂れした様子が描かれた和柄が人気です。

  • 歌舞伎:歌舞伎の衣装や舞台、演者が描かれた和柄が人気です。

  • 紫陽花:紫陽花は日本の代表的な花の一つであり、紫陽花が描かれた和柄が人気です。

これらは人気の和柄の一部であり、その他にも様々な和柄があります。

 

※目玉焼き!?本当に人気があるのか真相は定かではありませんが、桜、浮世絵、歌舞伎、、納得です(笑)

 

 

・定番の質問ではありますが、AIによって人間の仕事は無くなる?か質問してみました。

AIは人間の仕事を自動化することができますが、それが全ての仕事を無くすことになるわけではありません。AIは特定のタスクや作業を効率化し、人間がより高次の思考や創造的なタスクに集中できるようにすることができます。ただし、特定の職業や業界では、AIによって人間の仕事が減少する可能性もあります。そのため、将来的には人間が新しいスキルを身につけ、AIと協力しながら仕事をすることが必要になるでしょう。

 

なるほどですね...

 

・最後に宇宙の最果てはどうなっているのか聞いてみました。

現在のところ、科学者たちは宇宙の最果てについてあまり理解していません。宇宙論によれば、宇宙は無限で拡大し続けているため、最果ては存在しないと考えられています。さらに、宇宙論のモデルによれば、最果てに達することはできないと考えられています。ただし、最新の研究によれば、宇宙はどこかに限界があり、それは最終的には收縮する可能性があるという理論もあります。また、科学者たちはまだ未知の領域について多くの謎が残っているため、これらの問題についての答えは今後の研究によって明らかになる可能性があります。

 

まとめ

現在のところ、

2021年までのデータをもとにテキストが生成されている様なので、昨日の天気は?などのタイムリーな質問には回答が出来ないとの事。

また、内容によっては情報の正確性が低いものもあり、進化半ばといったところではありますが、日々学習して精度は徐々に向上していくことでしょう。

人工知能恐るべしではございますが、未来が楽しみですね(^^)/

 

 

(スタッフ Y.S)

***********************************************

このブログは京都で暖簾や座布団を製造販売する会社のスタッフによるブログです。

[京の座布団やさん 工夫庵 ___和の座布団の暖かさを京都からネット販売でお届けします___

一宮株式会社 〒615-8174 京都市西京区樫原中垣内7-1

TEL075-394-7011* FAX075-394-7022 



 

the-kyoto.hatenablog.com

the-kyoto.hatenablog.com

the-kyoto.hatenablog.com

 

 

 

京都1日お遍路「御室八十八ヶ所霊場」

皆さまこんにちは(^^)/

いかがお過ごしでしょうか!

 

今年の京都市内は、雪が全く降っておりません。昨年の反動なのでしょうか、暖冬となっています、、、

 

気持ちだけでもという事で、昨年撮影した雪景色の南禅寺三門です♪

さて今回は、トータル約40~50日かかると言われている四国八十八箇所をめぐるお遍路を、たった一日で周ることが出来るという、京都にある御室(おむろ)八十八ヶ所霊場をご紹介いたします(^^)/

 

以前、グーグルマップで隠れた名所は無いかと眺めていたのですが、世界遺産仁和寺の裏山に無数の寺の表記がある場所を発見!!

調べてみると、約3キロメートルの山道に四国八十八箇所霊場を小規模に再現した巡礼スポットがあるとの事。

全くもってノーマークの名所だったこともあり、興味を惹かれ行ってみる事にしました。

 

目次

 

 

こちらは『仁和寺 二王門』雰囲気があります♪
知恩院の三門、南禅寺の三門とともに京都三大門の一つに数えられています。

 

御室八十八ヶ所霊場とは?

御室八十八ヶ所霊場は、仁和寺裏の成就山四国八十八箇所霊場を小規模に再現した霊場で、約3kmにわたる山道には、お堂(札所)が点在し、それぞれのご本尊・弘法大師を祀っておられます。

約2時間の行程で巡ることができ、これを結願(けちがん)すれば四国八十八ヶ所霊場巡礼と同じご利益を得ることが出来るとされています。

それでは行ってみましょう!

 

地図

ルート案内図第一番 霊山寺でいただきました。

 

参拝道・札所

第一番 霊山寺 (発願)
ここからスタートです!

 

弘法大師像が見送ってくれます。

 

山間に作られた参拝道という事もあり、軽いハイキングを楽しめます。
また一つ一つのお堂は、四国にあるお寺のミニチュアといった趣で、それぞれにはお寺の名称が記されていました。
こういったお堂が山中に八十八ヶ所!!大規模です。

 

第三番 金泉寺を抜けると無数の杉が両脇に立ち並ぶ、雰囲気のある参拝道となっていました。

 

急な坂道もございますが、しっかりと整備されており、歩きやすい道となっていました。

 

札所は、参拝道に沿って約20、30m毎にございました。

 

この御室八十八ヶ所霊場の起こりは、

1827年、当時は本四国(四国八十八ヶ所)への巡拝が困難であった為、時の仁和寺29世門跡済仁法親王の御本願により、四国八十八ヶ所霊場のお砂を持ち帰り、仁和寺の裏山に埋め、その上にお堂を建てたのが御室八十八ヶ所霊場の始まりとされています。

 

参拝道は、「やすらぎの道」と名付けられており、ハイキングコースとしても人気で、桜や紅葉、ミツバツツジなど、四季を通して自然も楽しめるようです。

また標高が上がると、見晴らしの良い展望箇所が数か所あり、京都市内の一望できます。

 

謎多き神社を発見

第65番札所、三角寺(十一面観音)には隣接して神社と滝行場がありました。
人けも無く台風などの影響か、徐々に荒廃している様子でした。
ネットなどにも、この神社に関する資料が見当たらず、由緒は分からずでした。
ゾクゾクします...

 

映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」のロケ地にも♪

映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」での剣心と沖田総司の決闘シーンは霊場最終盤の第86〜88番付近で撮影が行われていたようです。

 

ゴール地点・第88番 大窪寺 (結願所)

最終地点に到着です♪

 

 

88の霊場を巡る事で、煩悩が消え、願いが叶うともいわれている八十八ヶ所巡礼。

仁和寺界隈にお越しの際は、ハイキングがてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか(^^)/

 

場所

 

 

(スタッフ Y.S)

***********************************************

このブログは京都で暖簾や座布団を製造販売する会社のスタッフによるブログです。

[京の座布団やさん 工夫庵 ___和の座布団の暖かさを京都からネット販売でお届けします___

一宮株式会社 〒615-8174 京都市西京区樫原中垣内7-1

TEL075-394-7011* FAX075-394-7022 

 

 

the-kyoto.hatenablog.com

the-kyoto.hatenablog.com

the-kyoto.hatenablog.com

 

 

 

電気・電波の神様を祀る神社「電電宮」

皆さまこんにちは(^^)/

年末年始はどのようにお過ごしになられましたでしょうか??

 

今年は、初日の出を見そびれてしまったので、初日の入りを見に大文字山の火床へ登ってきました♪

雲が多かったのですが、ちょうど雲の隙間から、日の入りを拝むことができました。ここから見る夕日は京都一の絶景です♪

 

さて今回は、全国でも珍しい電気・電波の神様を祀る神社、電電宮・でんでんぐう』をサクッとご紹介いたします♪

名前がかなり印象的な神社ではございますが、

電電宮」は、京都嵐山、渡月橋近くにある十三参りの寺で有名な法輪寺の境内にあり、 "電電明神" という神様を祀っておられる神社です。

 

御祭神の "電電明神" は、雷、稲妻の神様と言うこともあり、現代の解釈では電気・電波を守護する守り神として祀らています。

 

 

法輪寺の山門

重厚な雰囲気がする山門です。

軒丸瓦は三つ巴紋(みつどもえ
水が渦を巻いているように見える事から、火の用心を意味するのですね~

電電塔

山門を抜けると右手に現れる電電塔

この電電塔は、電気・電波の発展の礎を築いたエジソンとヘルツの功績を讃えると共に、電気・電波の発展に貢献してきた人の霊を慰めるために建てられたようです。

電電塔の壁面には、右手に発熱電球や蓄音機を発明したエジソン、左手には電波を発見したヘルツのレリーフが飾られています。

 

エジソンレリーフ

ヘルツのレリーフ

 

電電塔を抜けると本堂へまっすぐ伸びる階段が現れます。


電電宮

階段の途中に電電宮がございました。

1864年に起きた長州藩と幕府との武力衝突「禁門の変」の際に、社殿が焼失。

その後長い間、仮宮になっていたようですが、昭和31年(1956年)今後電波の利用が増える事が見込まれる事などから、電気電波関係業界の発展を祈願するため『電電宮』として新たに奉祀され、現在の姿になったと伝えられています。

全行的にも珍し電気・電波の神社という事もあり、ご利益にあずかるべく電気・電波の関係者やIT、ネットワーク関連の方なども多く参拝されているようです。

また法輪寺本殿の横にある社務所には、虚空蔵菩薩像の画像が入ったマイクロSDのお守りが販売されています(^^)/

法輪寺・本殿

階段を上ると法輪寺の本殿が鎮座しています。

羊の像。虚空蔵菩薩の使いだとされているようです♪
法輪寺の舞台

法輪寺には周りを見渡せる舞台があり、嵯峨野を一望できます。
こちらは、渡月橋方面。
また大文字の送り火の夜には、一般に開放されています。

京都は高い建物が少ないので、展望が良く気持ちいいです。

嵯峨嵐山界隈に観光などでお越しの際は、併せて訪れてみてはいかがでしょうか(^^)/

 

電電宮の所在地はこちら

goo.gl

 

 

(スタッフ Y.S)

***********************************************

このブログは京都で暖簾や座布団を製造販売する会社のスタッフによるブログです。

[京の座布団やさん 工夫庵 ___和の座布団の暖かさを京都からネット販売でお届けします___

一宮株式会社 〒615-8174 京都市西京区樫原中垣内7-1

TEL075-394-7011* FAX075-394-7022 

 

 

the-kyoto.hatenablog.com

the-kyoto.hatenablog.com

the-kyoto.hatenablog.com